日本農薬学会

日本農薬学会第48回大会の御案内

 日本農薬学会第48回大会を、2023(令和5)年3月8日(水)から10日(金)までの3日間にわたって東京農業大学(東京都世田谷区)にて開催いたします。現時点では3年ぶりの対面での開催を予定しております。本会会員ならびにご関心をお持ちの皆様には、奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。
 なおコロナウイルスウイルス感染状況により、大会実施形式、実施計画を変更する可能性があります。2022年9月ごろの状況を鑑みて、11月初旬迄には詳細を決定する予定です。
 植物防疫関係2学会(日本植物病理学会、日本応用動物昆虫学会)および日本雑草学会と植物化学調節学会の正会員・学生会員の方は、例年通り、本学会会員扱いとなりますので、お近くの学会員の方にも参加・発表をお誘いいただければ幸いです。また,非会員の方のご参加も歓迎いたします。

(大会Webページはこちら)

Ⅰ.開催場所

開催場所
東京農業大学世田谷キャンパス(〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1)
アクセス
小田急線:経堂駅下車 徒歩約15分
東急田園都市線:用賀駅下車
 徒歩約20分 または 東急バス 祖師谷大蔵駅行 (用01)もしくは渋谷駅行 (渋22) 約10分
JR山手線:渋谷駅下車(西口)
 小田急・東急バス 成城学園前駅西口行 (渋24) もしくは 調布駅南口行 (渋26) 約30分

会場
・総会、授賞式、受賞講演、特別講演:百周年記念講堂
・一般講演、シンポジウム、展示:1号館
・懇親会・祝賀会:残念ながら今回も開催中止といたします。

Ⅱ.会期および日程

令和5年3月8日(水)~10日(金)
月・日 午前 午後 会場
3月8日(水) 総会・授賞式 受賞講演・特別講演など 百周年記念講堂
3月9日(木) 一般講演 ランチョンセミナー 一般講演、シンポジウム 1号館
3月10日(金)

Ⅲ特別講演

・浅野 哲(内閣府食品安全委員会 委員)
  「残留農薬の安全性確保のためのリスク評価」
・加藤 拓(東京農業大学農芸化学科 准教授) 
  「吸着体としての土壌コロイドの化学的性質」

IV.受賞講演

調整中

V.シンポジウム

調整中

VI.技術士セミナー

調整中

VII.一般講演申し込み

・一般講演の申込みは、本学会会員(および冒頭で記載した4学会の会員)で、令和5年度分会費納入者に限ります。受付はすべて大会Webページ上で行います。農薬学会員の方は、会員番号およびパスワードをご用意下さい。会員番号は6桁の数字で、会員用「お知らせメール」にも記載されています。 不明の場合は、日本農薬学会事務局にお問合せください。
・大会Webページの「参加・一般講演申込」より発表者などの情報をご登録ください。農薬学会員の方は、会員番号およびパスワードを入力し認証されると、氏名、ご所属、住所などの情報が自動入力されます。必要事項を入力・修正後、「確認」ボタンを押して下さい。参加登録が完了しましたら、登録メールドレスに参加番号・パスワードが送信され、それを使用して大会マイページにログインします。大会マイページでは、講演要旨の登録、参加費お支払い、講演プログラムなどについて、入力や確認ができます。
・下記の分類表IとIIを組み合わせて、一般講演の希望分野を選択してください。分類は、プログラム編成のために使用します。

分類Ⅰ 分類Ⅱ
A 分子設計、合成化学、プロセス化学 1 害虫・ハダニ・線虫制御
B 天然物化学 2 植物病原菌制御
C ケミカルバイオロジー、生合成 3 雑草制御
D 作用機構、抵抗性 4 植物生長制御
E 生物活性、検定法 5 ベクター・外来種制御
F デジタルトランスフォーメーション 6 微生物利用
G ゲノムサイエンス、オミクス 7 天敵利用
H バイオスティミュラント 8 物理的防除手段
I RNA テクノロジー 9 遺伝子組換え作物、ゲノム編集作物
J IPM 10 教育、アウトリーチ、その他
K 代謝、分解、動態
L 製剤、施用法
M 残留、分析法
N 環境科学、生態影響
O 毒性
P レギュラトリーサイエンス
・一般講演要旨の登録は、大会マイページで行います。講演タイトル、発表者氏名(連名の場合は共同発表者全員)、発表内容の分類など必要事項を入力してください。また、講演要旨テンプレート(Word形式、A4、1ページ)をダウンロードして、それを上書きする形で要旨を作成してください。
・要旨は、最初に講演タイトルをゴシック系太字(MSPゴシック等)のフォントで記入し、次の行に明朝系のフォント(MSP明朝など)を用いて発表者名・所属を記入してください。また、発表者が連名の場合は、発表を行う演者の前に○をつけて下さい。本文は、明朝系フォントで作製し、最後に英文でタイトルおよび発表者名を記入して下さい。英語(アルファベット)や数字は、半角でTimes New Romanなどのフォントを使用してください。
・講演要旨はPDFでの配布となりますので、カラーの図表なども使用可です。要旨のアップロードはPDF形式のみとなります。
申込開始日 :2022年12月1日(木)
申込締切日 :2023年1月13日(金)
・1月13日までは、タイトルや要旨などの変更が可能です。
・一般講演申込は、1月13日までに参加費振込を行うことにより完了します。振込を確認できない場合は、一般講演登録は取り消しとなります。
・非会員の方で発表を希望される場合は、まず、農薬学会ホームページより入会手続きを行ってください。その際、発行される仮IDとパスワード(メールアドレス)を用い、上記と同様の方法で参加・講演申込をしてください。

 

VIII.一般講演について

・講演は会場での対面形式、時間は1題15分(講演12分、討論3分)の予定です。
・スライドはPowerPointで作成し、発表開始前に大会組織委員会で準備したノートパソコンにコピーしていただきます。詳細は、大会ホームページなどでご案内致します。

IX.参加登録

・2022年12月1日より、大会ホームページで参加登録を受け付けます。参加登録、参加費の振込は大会当日まで受け付けますが、参加費の事前割引は2023年2月1日までとなります。また、2月1日までに参加登録・振込を完了された方には事前に参加証を送付し、世田谷キャンパス内Wi-FiネットワークへのアクセスID、パスワードを個別に付与します(予定)。
参加登録費 備考
大会参加費
(講演要旨集代金を含む)
正会員 8,000円 2月2日(木)以降は10,000円
学生会員 3,000円 2月2日(木)以降は4,000円
非会員 13,000円 2月2日(木)以降は15,000円
・植物防疫関係2学会(日本植物病理学会,日本応用動物昆虫学会)および日本雑草学会と植物化学調節学会の正会員・学生会員の方は、本学会会員と同じ参加費です。
・大会当日、大会受付での参加費振込等はできません。
・一旦納入された参加登録費は返金いたしません。

X.託児室の利用について

大会期間中(2023年3月8~10日)、託児室を開設します。事前予約制となっていますので、利用を希望される方は、2023年2月1日までに、利用日時、利用者氏名・年齢を明記の上、大会組織委員会までE-mailでお申し込み下さい。(組織委員長 須恵まで:sue[at]nodai.ac.jp)

XI.世田谷キャンパスへの入構について

東京農業大学世田谷キャンパスでは、現在、コロナ感染症対策の一環として、学外の方の入構が制限されております。世田谷キャンパスへの入構の際は、参加証を正門および経堂門で学会スタッフにお見せ下さい(他の入口にはスタッフがおりませんので、この2カ所からの入構をお願い致します)。参加証がお手元にない方は、参加登録完了を示すもの(振込完了通知メールや領収書など)を印刷もしくはスマートフォン画面などに表示して、スタッフにお見せ下さい。なお、大会会場受付での参加申込・参加費振込はできませんので、予め参加登録を済ませるか、会場近くのコンビニエンスストアなどでお振込後、会場にお越し下さい。(状況により対応が変更になる場合もございますので、必ず、学会および大会HPで最新の情報をご確認下さい)


XII.広告、展示、ランチョンセミナー募集のご案内

引き続き、講演要旨集への広告の掲載、展示会への出展、およびランチョンセミナーの開催等でご支援を賜りたいと考えております。本大会の成功のために、何卒ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。詳細および協賛趣意書が学会ホームページ(http://pssj2.jp/congresses/48/taikai48.html)にございますので、そちらもご参照下さい。 〈申し込み・問い合わせ先〉
日本農薬学会第48回大会組織委員会委員長
東京農業大学 農芸化学科 須恵雅之 
E-mail: sue[at]nodai.ac.jp
TEL: 03-5477-2323
※迷惑メール防止のため@を[at]に置き換えております。ご使用の際はお手数ですが記号へのご変換をお願いいたします。

(2022.7.13 掲載)(2022.11.29 更新)